宅配クリーニングと店舗経営の違いとは?

クリーニングは大きく分けて、宅配クリーニングと店舗経営があります。
町のあちこちでは、個人経営のクリーニング店や大手チェーン店まで色々ありますが、最近では、宅配クリーニングも増えてきました。

店舗経営と宅配クリーニングは、どんな違いがあるのでしょうか?
それぞれ、見ていきましょう。

1.宅配クリーニングの特徴

宅配クリーニングの場合、何と言っても時間を選べるところが大きな利点です。
仕事や子育てで忙しく、開店時間に間に合わず、なかなかクリーニングに出せない・・・という方にはありがたいサービスなのです。
宅配 ネット クリーニング
さらに、宅配業者が品物の引き取りから受け取りまでしてくれます。

料金は、会社によってもまちまちですが、往復送料が無料だったり、会員になることで割引サービスなども受けられることも多いので、それほど高いということはないようです。

さらに、クリーニングした後に、すぐに引き取らずに、そのまま保管してくれるというサービスもあります。
比較的どんな物でも預けることができ、プロの管理する室温の中で大切に保管されます。
最大で10ヶ月くらいまで保管できる会社もあり、家のクローゼットが小さい方などには特に助かるサービスですね。

2.店舗経営クリーニング店の特徴

一方、店舗の場合、品物を自分で持っていくのは大変ですが、店舗の方と一緒に汚れを確認することができたり、クリーニング方法を相談したりすることができる点は利点です。

顔の見えないお取り引きより、コミュニケーションを取りながら出来るお取り引きの方が安心感を持つ方も多いのではないでしょうか。

生活スタイルによって、ご自分に合った利用方法を選ぶようにしましょう。